行く前に必要なこと

いつもとはちょっと違うマタニティの時間。

プレママは身体に気配りをして常にいたわる必要があるのです。

ハワイに旅行に行くのももちろん、マタニティフォトを楽しむためにも念入りな準備が必要です。

身体を大切に

ハワイ旅行の前には必ず病院で主治医に相談しましょう。

海外旅行はもちろん、旅行に適している時期が決まっているのです。

マタニティ期間中の旅行に適した時期は、安定期である妊娠12週から28週頃までと言われています。

もちろん個人差がありますので、主治医に判断を仰ぎましょう。

安定期であっても妊娠後期に入ると動きにくくなったりと、旅行で大きな荷物をもったり準備や移動で動くときに大変だったりします。

ご自身で体調をみながら、パパにも協力を仰ぎましょう。

保険への加入

保険に加入していないと医療費が全額自己負担になってしまうアメリカ。

タダでさえ日本よりは高い医療費が大変な額になってしまいます。

ハワイへ旅行に行く前に保険に加入しておきましょう。

マタニティ期間中にはどんな体調不良がおこるかわかりませんし、赤ちゃんが早く出てきたがってしまう恐れもあります。

万が一の事を考えて海外旅行保険には必ず加入することをおすすめします。

保険は各保険会社の契約内容をよく確認して比較しながら選びましょうね。

同意書・診断書・パスポート

航空会社によっては、主治医の診断書が必要なことがあるので、確認して用意しておきましょう。

ハワイへマタニティフォトを撮りに行くことを決めたら、すぐに必要かどうかを問い合わせておくと安心です。

もしお子様連れでマタニティフォトを撮影される場合には、0歳のお子様からパスポートが必要になるので、準備を忘れないように気をつけましょう。

1153979549bc955297b8240ea7375498_s

マタニティフォトにおすすめの時期

よりいっそうお腹の大きさや赤ちゃんの存在を

マタニティフォトで形に残すためには

お腹のふくらみがはっきり分かる時期がおすすめです。

個人差がありますが妊娠7〜9ヶ月頃が一番安定して撮影ができることでしょう。

見る側からも明らかに妊娠が分かるくらいにお腹が大きくなっていると

体全体のラインが女性の神秘的な美しさを際立たせてくれます。

飛行機の搭乗を心配される方も多いと思います。

baby

妊娠中飛行機に搭乗する場合、12週から36週までが望ましいとされていますので

ぜひこの期間にマタニティフォトを計画されて下さい。

もちろんこの安定期とされる時期にも個人差があるので

担当のお医者様に判断を仰がれて下さいね。

さらに、航空会社によってはママの搭乗に関する規定やサービスがありますので

確認しておきましょう。

ハワイへの飛行時間は7〜8時間と長めで

同じ体勢でいることはママにはつらいものがありますが、

水分をよくとってトイレに行ったり、

体を冷やさないようにするなどの工夫をしていきましょう。

パパと話し合って協力を仰ぐことも忘れずに。

ハワイは日本語が諸外国よりも通じやすく、

日本語の通じる医療機関や医療設備も整っているので

万が一のことがあっても安心感があります。

ハワイでは妊娠中であることが現地の人にわかると

とても優しくしてもらえますよ。

ハワイ滞在中の過ごし方

初めての妊娠という方は、

夫婦でふたりっきりのハワイを楽しみたいと

考えられている方が多いでしょう。

マタニティフォトはもちろん

ハワイの青い海を堪能したり

マタニティーマッサージを受けたり

ハワイのグルメを楽しんだり

ハワイの文化や自然から与えられるパワーをチャージしたり

お腹の中に新しい命が存在している今だからこそ

ご自身を大事にしながら楽しむことができる

ハワイを満喫して下さい。

日本ではなかなかマタニティのママが

お腹をだして海で泳いでいるということは

イメージしづらいのですが

ハワイではそんなことはありません。

とくにマタニティフォトが浸透している海外の方は

ビキニで楽しんでます。

日本では人の目が気になってしまいますが

ハワイでは開放感に満たされるので

気にせず海で遊べちゃいますね。

マタニティーマッサージは本当におすすめです。

先にプランを調べておいて予約すると安心。

ご自身のお腹の月齢や症状をメモしておくと

より安心でしょう。

パパと一緒にマッサージを受けられるサロンもあるので

探してみて下さいね。

ハワイにはたくさんおいしいものがあるので

気持ちは分かりますが、妊娠中の大幅な体重増加にだけは注意です。

たくさんハワイの自然からパワーを吸収して

一大イベントの出産にそなえましょう。

絵になるハワイ

マタニティでも出来る限り自由にすごしたいし

楽しくマタニティライフを送りたいというママは多いでしょう。

常夏のハワイで開放的な気分を味わえば

次はお腹の新しい命と一緒に訪れたくなるのではないでしょうか。

ハワイと言えばこの景色!と代表されるビーチ。

のんびりお散歩するのにもおすすめの緑をたたえた公園。

きびしい自然の息吹と美しさを感じられ、

見渡せば人の営みによって作られた美しさが存在する、

360度ハワイらしさを堪能出来る風景などなど

ハワイはどこをみても絵になります。

ハワイでマタニティフォトを撮る際には

お二人の思い出の場所はもちろん

憧れのスポットで撮影されるといいでしょう。

日本でも徐々にロケーションを活かした

マタニティフォトが浸透してはきていますが

なかなかハワイほどのロケーションは存在しません。

何より日本だと少し気恥ずかしい思いがして

なかなかリラックスして撮影に臨めないでしょう。

南国独特の日差しや特別感、無理せず楽しめるスポットが

ハワイにはたくさんあります。

生まれてくる子にいつか自慢したくなるような思い出の一時を

マタニティフォトで残しましょう。

マタニティフォトにおすすめの時期

よりいっそうお腹の大きさや赤ちゃんの存在を

マタニティフォトで形に残すためには

お腹のふくらみがはっきり分かる時期がおすすめです。

個人差がありますが妊娠7〜9ヶ月頃が一番安定して撮影ができることでしょう。

見る側からも明らかに妊娠が分かるくらいにお腹が大きくなっていると

体全体のラインが女性の神秘的な美しさを際立たせてくれます。

飛行機の搭乗を心配される方も多いと思います。

妊娠中飛行機に搭乗する場合、12週から36週までが望ましいとされていますので

ぜひこの期間にマタニティフォトを計画されて下さい。

もちろんこの安定期とされる時期にも個人差があるので

担当のお医者様に判断を仰がれて下さいね。

さらに、航空会社によってはママの搭乗に関する規定やサービスがありますので

確認しておきましょう。

ハワイへの飛行時間は7〜8時間と長めで

同じ体勢でいることはママにはつらいものがありますが、

水分をよくとってトイレに行ったり、

体を冷やさないようにするなどの工夫をしていきましょう。

パパと話し合って協力を仰ぐことも忘れずに。

ハワイは日本語が諸外国よりも通じやすく、

日本語の通じる医療機関や医療設備も整っているので

万が一のことがあっても安心感があります。

ハワイでは妊娠中であることが現地の人にわかると

とても優しくしてもらえますよ。

マタニティフォトって??

“Maternity photography(マタニティフォトグラフィー)”として

海外では広く知られている、

おなかの大きくなった妊娠中の女性の姿を撮った写真です。

マタニティフォト専門のカメラマンがいるほど海外では浸透しているのです。

日本では「マタニティ写真」や「妊婦写真」として最初は広がりをみせていましたが

じわじわと「マタニティフォト」として表現方法も広がってきています。

本当に期間限定の女性だけに訪れる奇跡の時間。

神々しいまでの女性の神秘をおさめた写真から

ポップなもの、かわいらしいドレスを着たものや

お腹にペイントを施した物など

それぞれ個性的な表現方法で

生まれてくる小さな命への最初のプレゼントをママたちは考えています。

もちろんカップルで撮ることや、赤ちゃんに兄弟姉妹がいれば一緒に撮ることで

赤ちゃんに「愛している」「待っていた」というメッセージを伝える事が出来ますね。

思い出のたくさんつまった一枚になることは間違いないでしょう。

妊娠・出産という女性にとって人生の一大イベントを色あせない形として残すことができる

マタニティフォト。

親子がつながっているという貴重な時間をマタニティフォトとして残すことで

生まれてくる小さな命に「絆」を伝えましょう。