マタニティフォトにおすすめの時期

よりいっそうお腹の大きさや赤ちゃんの存在を

マタニティフォトで形に残すためには

お腹のふくらみがはっきり分かる時期がおすすめです。

個人差がありますが妊娠7〜9ヶ月頃が一番安定して撮影ができることでしょう。

見る側からも明らかに妊娠が分かるくらいにお腹が大きくなっていると

体全体のラインが女性の神秘的な美しさを際立たせてくれます。

飛行機の搭乗を心配される方も多いと思います。

妊娠中飛行機に搭乗する場合、12週から36週までが望ましいとされていますので

ぜひこの期間にマタニティフォトを計画されて下さい。

もちろんこの安定期とされる時期にも個人差があるので

担当のお医者様に判断を仰がれて下さいね。

さらに、航空会社によってはママの搭乗に関する規定やサービスがありますので

確認しておきましょう。

ハワイへの飛行時間は7〜8時間と長めで

同じ体勢でいることはママにはつらいものがありますが、

水分をよくとってトイレに行ったり、

体を冷やさないようにするなどの工夫をしていきましょう。

パパと話し合って協力を仰ぐことも忘れずに。

ハワイは日本語が諸外国よりも通じやすく、

日本語の通じる医療機関や医療設備も整っているので

万が一のことがあっても安心感があります。

ハワイでは妊娠中であることが現地の人にわかると

とても優しくしてもらえますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。